電力会社

電力自由化によって、市場競争が働き電気料金の値下げ、サービス品質向上などのメリットを享受することが可能となります。

電力自由化のメリット

  • 営業時間 10:00~21:00 (年末年始を除く)
  • 個人のお客様 0120-951-552
  • 法人のお客様 0120-952-182
今すぐ無料登録

green 電力自由化のメリット

最大のメリット

2016年4月から本格的にスタートする電力自由化において、最大のメリットは利用者にとって毎月支払わなければならない電気料金の値下げが挙げられます。

最大のメリット

これまで電力は、国民生活を守る重要なインフラの一つとして、国による過剰とも言えるような手厚い保護がなされていた産業でした。
各地域に所在する電力10社は、民間企業であるにも関わらず他社との価格競争や消費者の声にさらされることなく、国の保護において規制された業界で守られてきました。

しかし、産業の国際競争力や国民の声によって徐々に規制緩和の流れが進んでおり、この結果、2016年より一般家庭向けに供給元となる電力会社を選択できるようになります。
多くの方々が自由に電力会社を選ぶことが出来るようになるため、市場原理によって料金値下げが期待されます。

他業種からの参入も!

新たに電力供給に新規参入する企業は新電力とも呼ばれており、大手や新興企業を含めさまざまな背景を持つ企業の参入が期待されています。
石油元売り企業やガス会社をはじめ、大手として発電設備を所有しているところから、IT関連企業・通信企業も数多く参入を発表しています。
既存ビジネスとのシナジー効果も利点の一つであり、例えば通信企業が提供するインターネットプロバイダーや携帯電話の契約とセットで電力供給を受けることで、 格安のセット割をキャンペーンといて展開することが想像できます。
電力という枠組みに縛られることなく、さまざまな可能性を持った規制緩和であると言えます。

サービス品質の向上!

電力自由化によって、既存電力10社のサービス品質の向上についても利点があると言えるでしょう。
国の規制によって守られていた業界であるため、顧客満足度や顧客重視の考え方が薄く、サービス品質が従来の懸念点であると言われてきました。
電力自由化によって他社との競争が生まれ、価格面だけでなく接客や電話サポートといった複数の観点についても改善が期待できます。
例えば、電気使用量の分析・解析を行った上で、どのようにすれば節電出来るのか、環境に優しい適切な電気使用量を守ることが出来るのかアドバイスやサポートも期待することができるでしょう。
地球環境を守りながら適切な電力消費量と電気料金の支払いを継続するために、2016年から新しいスタートを切ることが期待されます。

お問い合わせ
  • 営業時間 10:00~21:00 (年末年始を除く)
  • 個人のお客様 0120-951-552
  • 法人のお客様 0120-952-182
今すぐ無料登録
page_top
お問い合わせ
  • 営業時間 10:00~21:00 (年末年始を除く)
  • 個人のお客様 0120-951-552
  • 法人のお客様 0120-952-182
今すぐ無料登録

Copyright 電力会社.net※電力自由化対応の電気料金比較ランキング All Rights Reserved