電力会社

電力自由化の問題点としては、停電や倒産などの課題や、過当競争による市場全体の疲弊が挙げられます。

電力自由化の問題点・課題

  • 営業時間 10:00~21:00 (年末年始を除く)
  • 個人のお客様 0120-951-552
  • 法人のお客様 0120-952-182
今すぐ無料登録

green 電力自由化の問題点・課題

デメリットはない?

2016年に全面開放される電力自由化によって、電気料金の値下げやサービス品質の向上が期待されています。
では、電力自由化による課題や問題点など、デメリットは全くないのでしょうか。
最初に懸念される問題点として、「停電のリスクはないの?」が挙げられます。

デメリットはない?

電力は私たちの生活になくてはならない非常に重要なインフラであり、電気がなければ携帯電話で連絡をすることも出来なければテレビや冷蔵庫といった生活家電を利用することも出来ません。
特に、2011年に起こった東日本大震災以降、停電のリスクや恐怖について、自然災害時にどういった対応がなされるのか注目を集めています。

従来の様に、地域の電力会社1社が対応すればいい話ではなく、企業をまたいで協力する体制が必要と言われています。

自由化の課題について

停電リスクを減らすためのセーフティーネットとして、広域的運営推進機関が新たに設立されることとなっています。
広域的運営推進機関は、地域ごとに電気使用量と発電量のバランスをモニタリングすることで、地域間の電力融通や供給指示を行う役割を果たすとされています。
次に、電力供給企業が倒産・破綻した際に私たち生活が守られるのかが課題となります。
さまざまな企業が新規参入を計画しており、競争環境が整うとされていますが、その反面、競争に敗れて経営が成り立たなくなる企業も出てくるでしょう。
政府は、電力自由化にあたり、仮に経営破綻が生じてしまっても停電せず継続して電力が供給されるフォロー制度の導入を進めています。
また、参入時に企業を選別して健全な運営を期待できる企業にのみ参入を認めるライセンス制度を導入します。
ライセンスによって、電力会社として問題無く経営を行うことができるか審査が行われることとなります。

競争の問題点

競争の問題点

電力自由化のデメリットとして、過当競争によって電力業界全体が疲弊してしまう問題点もあります。
海外における具体例として、2003年のニューヨーク大停電が挙げられます。
電力自由化の影響によって過当競争が生まれ、電力各社の予備電力が足りなくなってしまい都市全体が停電にさらされてしまいました。

こうした、競争によるデメリットが生じないよう段階的に規制緩和を進めており、都度、政府・電力会社・民間企業で話し合いが行われてきました。
規制緩和当初は混乱や課題が見られると予想されますが、自由化による恩恵も大きいため、今のうちにメリット・デメリットを知った上で電力供給企業を選んでいきましょう。

お問い合わせ
  • 営業時間 10:00~21:00 (年末年始を除く)
  • 個人のお客様 0120-951-552
  • 法人のお客様 0120-952-182
今すぐ無料登録
page_top
お問い合わせ
  • 営業時間 10:00~21:00 (年末年始を除く)
  • 個人のお客様 0120-951-552
  • 法人のお客様 0120-952-182
今すぐ無料登録

Copyright 電力会社.net※電力自由化対応の電気料金比較ランキング All Rights Reserved